2021/7/12(月)の相場雑感

週明けの市場は日経平均が4日ぶりに大幅反発。終値は前週末比628円高の2万8569円でした。東京市場は、前週末の米国株が大きく上昇したことを受けて買い先行の展開に。米景気懸念の後退、そして5月の機械受注が事前予想を上回り、寄り付きから500円近い上げ幅となりました。直近3日間の下げをほぼ埋めると同時に、2万7000円台の下値の堅さを確認した格好です。

前週末の米国市場は、長期金利の上昇が景気回復を期待させダウ平均は大幅反発。この日の米長期金利は5カ月ぶりの低水準(1.25%)から上昇に転じ、景気回復鈍化が回避されるとの見方が広がりました。同日は金融株が軒並み買われ、ダウ平均は約1週間ぶりに最高値を更新。その他の銘柄にも幅広く買いが入り、S&P500やナスダック指数も揃って最高値を更新し、米国株は安定的な上昇基調を取り戻しています。

関連記事一覧