2021/7/16(金)の相場雑感

16日の市場は日経平均が3日続落。終値は前日比276円安の2万8003円でした。東京市場は、ハイテク株安とファーストリの急落にて売りが出ました。これは下方修正したファストリ1社で日経平均を70円以上押し下げる特殊要因で、東証2部やジャスダックは堅調を維持しています。ただ、国内の新型コロナの感染拡大が重荷となっており、ここ一番の懸念材料となりそうです。

前日の米国市場は、一部のダウ平均銘柄の上昇で指数のみ続伸。機械株ハネウエルと医療保険ユナイテッドヘルスが独自材料で買われ、この2銘柄でダウ平均を70ドル程度押し上げた模様。一方、台湾の半導体受託生産最大手TSMCの利益見通しが事前予想を下回ったことで半導体関連は大きく下落。最近はどの主要指数も過去最高値圏にあるため、わずかな要因で売りが出やすくなっています。

関連記事一覧