2021/7/20(火)の相場雑感

20日の市場は日経平均が5日続落。終値は前日比264円安の2万7388円で、今年1月6日以来の安値となりました。東京市場は、前日の米国株の急落に伴い朝方に300円安まで突っ込んだ後は下げ渋りの動き。新型コロナ変異株の感染拡大、米長期金利や原油先物の急落にて一気にリスクオフが強まった模様です。現在は五輪開催の不透明要因が加わり、ワクチン接種の遅れとともに買う理由が見当たらない状況となっているようです。

前日の米国市場は、新型コロナ変異株の世界的な感染拡大を嫌気してダウ平均は大幅続落。本年最大の下落率を記録しました。ワクチン接種が進んでいる米国内でも感染が広がっており、ボーイングやアメックス、ウォルトディズニーなどレジャー、そして消費関連が特に売られた模様。また景気懸念から長期金利も急低下し、利ざや縮小不安より大手金融株も軒並み売られました。欧州株も急落相場にあり、世界は再びコロナに振り回されている状況です。

関連記事一覧