2021/7/21(水)の相場雑感

21日の市場は日経平均が6日ぶりに反発。終値は前日比159円高の2万7548円でした。東京市場は、前日の米国株の大幅上昇にて350円以上からのスタート。日経平均はここ5日間で1300円も売られていたため反応しやすい状況でした。一方、現在は五輪とコロナ感染再拡大の複雑な状況に置かれており、買い一巡後は実需不在でじりじりと上げ幅を縮小。まだまだ迷い相場が続きそうです。
本トレードシステムにおいては、この方向感の定まらない乱高下相場はむしろ真骨頂。上げ一辺倒の相場は誰でも勝てます。本システムは、高い精度で取捨選択されたサインにて、軟調日はしっかりの見送りサインにて無駄に傷口を広げません。なお、堅調日と本ロジックが判断したなら、それまでの見送りサインを取り返すべくアグレッシブな参戦サインにて損益カーブを一気に押し上げます。

前日の米国市場は、3日ぶりに大幅反発。米経済が基本的な強さを維持しているとの認識から、この日は朝から買い戻しが先行。これまでコロナ関連による下げは全て絶好の買い場となっていたことで、すかさず押し目買いが入りました。この日は米長期金利が上昇に転じたことも安心感を呼んだ模様です。また現在の株価は過去最高値圏と、安定基調は今のところしっかりと維持されています。

関連記事一覧