2021/10/12(火)の相場雑感

12日の市場は日経平均が4日ぶりに反落。終値は前日比267円安の2万8230円でした。東京市場は、米原油、米長期金利の上昇からインフレ懸念が強まり日経平均は反落の1日。円相場も1ドル=113円台半ばへ下落し、輸入物価の上昇が警戒されつつあります。当面はインフレが市場の一番のテーマとなる模様です。
本トレードシステムにおいては、インデックス銘柄以外の個別株の運用パフォーマンスが特に良好。日経算出銘柄は膠着傾向も、総じて負けを掴まず陽線日は積極参戦サイン表示と損益カーブは堅調推移となっています。このような相場では、2銘柄以上のポートフォリオ運用が運用益のさらなる安定に有効です。

前日の米国市場は、原油先物(WTI)の上昇を嫌気してダウ平均は続落となりました。WTIが約7年ぶりに一時82ドル台まで急上昇。他の商品相場も上昇しておりインフレ加速への警戒感が増加。序盤はダウ平均も200ドル高まで買い進まれるも、インフレと景気鈍化にてスタグフレーションを懸念する声が広がりマイナス域へ。過度なインフレは景気にも株価にも重荷となっています。

関連記事一覧