2021/10/15(金)の相場雑感

15日の市場は日経平均が大幅続伸。終値は前日比517円高の2万9068円でした。東京市場は、前日の米株大幅高と米インフレ懸念の後退にて朝から買いが先行。コロナ感染者増や物価高で心配された米国主要企業の7-9月決算も、逆に上振れする状態と目先は明るく。これに伴い、同日は売られ過ぎ分を取り戻す活発な買い戻し、そして業績を買う動きが混在する強い上昇となりました。
本トレードシステム、同日の上昇相場ではやはり陽線引け銘柄が多く、積極参戦サインにてしっかりの利確となりました。なお、陰線銘柄では着実な見送りサインにて手堅いトレード。銘柄ごとにそれぞれ最適なサインを自動算出できることは、地合いに関係なく自分主体の安定した運用を可能としています。

前日の米国市場は、事前予想を上回る主要企業の好決算が相次ぎダウ平均は5日ぶりに大幅反発しました。医療保険のユナイテッドヘルスの上方修正を受け同社株が大幅高。この1社でダウ平均を110ドルも押し上げた格好です。また雇用関連の指標も良好で、卸売物価指数の伸びも鈍化し全面高に近い状態となりました。インフレ警戒が後退したことで、今後は買い主体の相場へと流れは移りそうです。

関連記事一覧