2021/10/20(水)の相場雑感

20日の市場は日経平均が続伸。終値は前日比40円高の2万9255円でした。東京市場は、米株高と円安進行にて各指数は上昇。米国の企業業績が事前予想より良いことからリスクを取りやすくさせている模様です。しかしながら、日経平均は直近2週間で2000円も値を戻しており、心理的な節目となる2万9500円近辺が壁となりそうです。
本トレードシステムにおいては、引き続きサインの取捨選択ロジックが効いており的確な運用が継続。現在の個別銘柄のややくすぶった動きも、コロナ収束後の大相場到来に向け機械的な運用がベターです。

前日の米国市場は、好決算銘柄への買いが強まりダウ平均は反発しました。この日も主要企業の好決算が相次ぎ強気の見方が増えています。長期金利や原油先物(WTI)によるインフレ懸念があるにもかかわらず買う動きは活発。なお、ダウ平均は高値引けとなり8月につけた史上最高値までわずか180ドル弱まで迫る勢い。同様に、ナスダックなど他の主要指数も最高値更新が近づいています。

関連記事一覧