2021/11/5(金)の相場雑感

5日の市場は日経平均が反落。終値は前日比182円安の2万9611円でした。東京市場は、日経平均が3万円に迫り、かつ週末もあり目先筋の手じまい売りに押される展開に。しかしながら国内企業の決算が概ね良好と、今後も回復基調が続く見通しです。
本トレードシステム、上げ下げの明暗の分かれた同日の相場も、個別銘柄ごとに買いサインと見送りサインを的確に判断し自動表示。日経平均が3万円近辺で保合う中、本システム運用においては利益続伸の1日でした。アクティブ運用は、インデックス運用に対し、その運用パフォーマンスはやはり強力です。

前日の米国市場は、長期金利の大幅低下が金融株の下げにつながりダウ平均は6日ぶりに反落しました。FRBは量的緩和の縮小(テーパリング)を決めたものの、利上げは時期尚早との判断より緩和的状況はまだ続くとしています。一方、金利上昇に弱い高PER群であるハイテク株は逆に買われ、同株の多いナスダック指数は9連騰にて最高値を更新しています。

関連記事一覧