2021/11/17(水)の相場雑感

17日の市場は日経平均が5日ぶりに反落。終値は前日比119円安で2万9688円でした。東京市場は、前日の米株高を受けて寄り付きで100円高となるも、直近4日間で700円も上げており調整売りに押される形に。現在は3万円の壁が意識されていること、寄り前発表の機械受注が弱かったこと、1ドル=114円96銭まで進んだ円安にて、全般的に様子見ムードとなっています。
同日は、個別銘柄としては上昇銘柄とそうでない銘柄とがしっかりと別れた1日でした。本トレードシステム、現在のやや迷走気味な相場にて、買いサインまたは見送りサインの算出精度が健在。ここからの運用は、参戦と見送りの適切な取捨選択がものをいいます。

前日の米国市場は、10月の小売売上高が事前予想を上回る伸びとなりダウ平均は反発しました。特に、小売大手のホームデポの決算が良好で、1社でダウ平均を140ドルも押し上げた格好です。一方、長期金利は一段と上昇し上値を抑える一因に。S&P500種やナスダック指数も上昇し、最高値更新まであと一歩となっています。

関連記事一覧