2021/11/25(木)の相場雑感

25日の市場は日経平均が反発。終値は前日比196円高の2万9499円でした。東京市場は前日の急落に対して戻りを試す1日となり、日経平均が25日移動平均線(2万9353円)および心理的な節目の2万9500円を上回って推移。やはり米金利の上昇一服は日本株によく効く格好です。なお、1ドル=115円台に再突入した円安も輸出株中心に好感され、日経平均の上昇に一役買っています。
本トレードシステム、同日は見送りサインがメインとなりレードの的確な取捨選択が健在です。無駄なロスを生じることなく、現在も良好な運用パフォーマンスを維持しています。

前日の米国市場は、金融株の下落を受けてダウ平均は3日ぶりに小反落しました。この日は長期金利の上昇が一服したことで、影響度の大きい指数としてダウ平均だけが下げた格好です。一方、金利低下で買いが入った主力ハイテク株がメインのナスダック指数は3日ぶりに反発。なお、米国では感謝祭を25日に控えており積極的な売買はあまり見られず、この祝日明けのブラックフライデー商戦を見極めたい雰囲気となっています。

関連記事一覧