2021/12/3(金)の相場雑感

3日の市場は日経平均が反発。終値は前日比276円高の2万8029円でした。東京市場はオミクロンショックから1週間が経過。これまでに2,000円幅の調整が入るも、本日の下値2万7500円の強さは健在。後場には米国の予算案可決にて200円超の上昇へ。オミクロン株への懸念は消えぬも売り方が買い戻す底堅い1日となりました。
本トレードシステムにおいて、同日は買い銘柄が多く積極参戦のサイン表示がメインとなりました。ここ数日は見送りサインにて防御がメインとなっていた本システムも、さらなる損益カーブ拡大の様相となっています。

前日の米国市場は、直近2日間で1,100ドルも下げた反動からダウ平均は今年一番の上げとなりました。オミクロン株による強い行動規制には至っていないことが安心感を呼んだ格好です。雇用関連指標が落ち着いていたことも後押し要因に。金融引き締め姿勢やオミクロン株の拡大が本格化する状況で、今後の推移に予断を許さない状況と12月相場も乱高下を心したいところです。

関連記事一覧