2021/12/10(金)の相場雑感

10日の市場は日経平均が続落。終値は前日比287円安の2万8437円でした。東京市場は、前日の米国ハイテク株の下落を受けて売り先行の展開に。メジャーSQ通過後のアク抜けにて一時は値を戻すも、金融所得課税の導入方針報道にて再び手じまい売りに。なお、中国株下落や週末要因も重なり、最終的に300円近い下げにて取引を終えた格好です。
本トレードシステムにおいては、同日も参戦サインと見送りサインの自動表示が的確。軟調相場ではロスを最小限に留め、上昇相場で一気に利益を確保するロジックが現在も有効に機能しています。

前日の米国市場は、高値警戒感からダウ平均は4日ぶりに小反落しました。直前の3日間で1,100ドル以上の値上がり反動から序盤より売られるも、目先筋の一巡に伴い下値を切り上げる底堅い展開へ。今回の戻りで、出遅れディフェンシブ銘柄が買われて一時はプラス圏へと回復。しかしながら、11月の消費者物価指数の発表を翌日に控え、相場は方向感を出せずに終えています。

関連記事一覧