2022/1/7(金)の相場雑感

7日の東京市場は日経平均が小幅続落し、前日比9円安の2万847円で終えました。取引開始直後は300円ほど上昇するも、買い一巡後は3連休を前に注文が続かず。後場の取引では終始マイナス圏に沈むなど、冴えない一日となりました。
本トレードシステム、現在のもち合い相場でも陽線銘柄ではしっかりの利確。なお、陰線銘柄では着実な見送りサイン表示となり手堅いトレードが続いています。銘柄ごとにそれぞれ最適なサインを自動算出できることは、地合いに関係なく自分主体の安定した運用を可能としています。

前日の米国市場は、雇用統計を控えていること、またFRBによるハイペースな利上げ警戒感から売りが先行。新規失業保険申請件数も予想以上に多く、ISMによる12月のサービス業購買担当者景況指数(PMI)の悪化も足かせとなり、ダウ・ナスダックともに続落となっています。

関連記事一覧