2022/1/12(水)の相場雑感

12日の市場は日経平均が4日ぶりに大幅反発。終値は前日比543円高の2万8765円でした。前日の米株高にて寄りから200円を超える反発でスタートに。その後は米金利低下が評価され500円を超える上げ相場となりました。新型コロナの感染拡大にて実需は戻らずも、目先は2万8000円が下値と確認できた格好です。
本トレードシステム、現在の株高の相場にしっかりの買いサイン。強固なロジックによる利益曲線の立ち上がりが目覚ましく、運用パフォーマンスは急伸となっています。

前日の米国市場は、FRB議長の議会証言を受けててダウ平均は5日ぶりに反発となりました。同議長はテーパリング(資産縮小)の年内開始に言及するも、金融引き締めに対した発言はなく長期金利は低下傾向へ。これを受けて、ダウ平均は警戒感の後退から一時300ドル近く上昇し、インフレ警戒は残るものの利上げに対しては安心感が戻ってきた模様です。

関連記事一覧