2022/1/24(月)の相場雑感

週明けの市場は日経平均が反発。終値は前週末比66円高の2万7588円でした。前週末の米国株の急落にてこの日も朝から売りが先行。一時は300円を超える下げ幅も、米株安は織り込み済みにてその後は値を戻す展開に。ここ数日は2万7000円に近づくたびに買いが入る図式ができていますが、国内のコロナ新規感染者数の記録的な伸びにて上値の重さは相変わらずとなっています。
本トレードシステムは、同日の上昇個別銘柄ではしっかりの買いサインと損益カーブは続伸。一方、軟調銘柄では不参戦サインにて負けを回避。現在のような日経の迷走期も、銘柄ごとに最適なサインを算出することで
利益機会を逃しません。また、下落銘柄においてもロスを最小限に抑えられるのが本システムの特筆すべき点です。

前週末の米国市場は、ネットフリックス株の急落にてダウ平均は大幅に6日続落となりました。6日続落は2020年2月以来約2年ぶり。動画配信大手ネットフリックスの決算が事前予想を大幅に下回り、他のハイテク関連株にも売りが波及しナスダック指数は3%近い急落。FRBの利上げ前倒し懸念もあり、米国株は調整を一段と深めている格好です。

関連記事一覧