2022/1/28(金)の相場雑感

28日の市場は日経平均が4日ぶりに大幅反発。終値は前日比547円高の2万6717円でした。前日の米株安は織り込み済みで、この日は朝から300円を超える上昇後も買い戻しが継続。直近3日間で1400円以上の下落の反動と、1ドル=115円台への円高も後押しとなった模様です。目先の売りは一巡しており2万6000円が当面の底となりそうです。
本トレードシステムにおいて、同日は買い銘柄が多く積極参戦のサイン表示がメインとなりました。ここ数日は見送りサインにて防御がメインとなっていた本システムも、さらなる損益カーブ拡大の様相となっています。

前日の米国市場は、利上げペースが掴めずダウ平均は3日小幅続落となりました。こちらも最近の下落ピッチの早さより序盤は600ドル強ほど上げるも、FRBのタカ派姿勢の影響にて午後は下げに転じた格好です。なお、債券市場も上下に大振れし不安定な状態。加えて金利上昇への警戒感からハイテク株の多いナスダック指数も反落となっています。

関連記事一覧