2022/2/1(火)の相場雑感

2月最初の取引は日経平均が3日続伸。終値は前日比76円高の2万7078円でした。東京市場は、前日の米株高を受けて買い先行のスタート。序盤から底打ちの安心感から上げ幅を400円以上に拡大させるも、3日間で1400円も戻した過熱感から前場終了にかけて値を戻す展開に。当面は、上値2万7500円~下値2万6500円のレンジを意識した動きとなりそうです。
本トレードシステムにおいて、値上がり数の少ない同日は、見送りサインとエントリーサインの取捨選択が銘柄ごとにしっかり。勝てる銘柄では通常通りのエントリーサインにて利益続伸。軟調銘柄では見送りサインと、無駄なロスを避ける形にてロジックの堅牢性が見て取れる1日となっています。

前日の米国市場は、目先の底打ち感よりダウ平均は大幅続伸。FRBの利上げへの警戒感が残り序盤はマイナススタートとなるも、売り一巡後は下値が堅いとの判断より急ピッチな買戻しにて大幅高となりました。特に売られ過ぎのハイテク株の戻しが顕著でナスダック指数は3%超の急上昇。各主要指数はともに底打ち感を強めています。

関連記事一覧