2022/2/4(金)の相場雑感

4日の市場は日経平均が反発。終値は前日比198円高の2万7439円でした。東京市場は、前日の米株安にて150円ほど安く始まるも、すぐに前日終値まで戻す底堅い展開に。なお、NY原油先物の7年4カ月ぶりの高値による金利上昇懸念も、日本株は堅調にて目先2万7000円台を固める動きとなっています。
同日の個別銘柄は、上昇銘柄とそうでない銘柄がしっかりと別れた1日でした。本ロジック、現在の複雑相場でも「買い or 見送り」のサイン精度の高さが健在。この相場環境にて着実に利益を上げるには、参戦可否の適切な取捨選択が大切です。

前日の米国市場は、ハイテク株の急落を受けてダウ平均は5日ぶりに大幅反落。旧フェイスブック(現メタ)社の決算が事前予想を大きく下回り、同社株は26%もの下落となりました。これにつられ、他のハイテク株にも売りが波及し全面安の展開に。直近まで米国株全体が大きく買われていただけに、目先筋の手じまい売りが一気に加速した格好です。なお、依然として相場は強く、今後も上昇局面への大勢に影響はなさそうです。

関連記事一覧