2022/2/9(水)の相場雑感

9日の市場は日経平均が続伸。終値は前日比295円高の2万7579円で、先月24日以来の高値となりました。前日の米株高を受けて序盤から買いが先行。後場からは再び買い進まれ350円高まで上昇しました。また、円相場も1ドル=115円台にて安値安定と申し分なく。なお、東証1部の出来高は15億株まで増加。好決算銘柄が多く、広範囲に買いが入り相場を支えています。
本トレードシステム、同日の陽線メインの相場でしっかりと積極参戦サインの自動表示。直近の活況相場にて、運用パフォーマンスおよび損益カーブは続伸継続となっています。

前日の米国市場は、主力株の好決算を受けてダウ平均は大幅続伸。特にバイオ製薬のアムジェンが大幅高となり、ダウ平均を1社で110ドルも押し上げました。なお、長期金利が1.97%と2年3カ月ぶりの高水準を付け、利ザヤ拡大期待より金融株が軒並み上昇。金利上昇を跳ね返してナスダック指数も高値となっています。

関連記事一覧