2020/9/18(金)の相場雑感

18日の市場は日経平均が小反発。終値は前日比40円高の2万3360円でした。円高や米ハイテク株安で軟調に推移すると思われるも、出遅れ感のある日本株に買いが入り底堅い動きに。東証1部上場全銘柄で算出する指数トピックスは、これを反映し昨日の下げを埋める形となりました。

週末の米国市場は、ダウ平均は反落。米FOMC通過にて金融緩和が見送られたことで、割高感のあるIT・ハイテク株に手じまい売りが広がりました。追加経済対策が大統領選前に成立しないことも要因。なお、ワクチンの今年の供給数が非常に限られるとのCDC(米疾病対策センター)の発言も響いた模様です。

そして東京市場は、4連休前の割にはしっかりとした展開となり、新興市場も含めた主要全指数が反発しました。しかしながら引き続き、1ドル=104円台が定着しつつある円高感が警戒されています。日経平均は膠着状態で、日中の値幅108円は約8カ月ぶりの狭さ。来週は3日間のみの立会いで積極的な売買は期待薄も、連休中の米国株の動き次第といったところです。

関連記事一覧