2020/9/25(金)の相場雑感

25日の市場は日経平均が3日ぶりに反発。終値は前日比116円高の2万3204円でした。前日の米株反発にて安心感が広がり買い優勢の展開に。9月末の権利付最終売買日である28日を前に、配当取りを狙った買いも相場を下支えした模様です。

昨日の米国市場は、ハイテク株がリバウンドに転じダウ平均も反発。序盤は売りが先行し、ダウ平均の下げ幅は一時200ドルを超えました。米与野党の経済対策合意にて株価は徐々にプラス圏に。ハイテク株の戻りが市場に安心感を与え、その後もプラスを維持して引けました。

そして東京市場は、反発には転じたものの勢いは感じられず。今月に入ってのトレンドは横ばいの状態です。米国の追加経済政策の遅れ、欧州での新型コロナの感染再拡大、また配当絡みの需給面が縮小する29日からの株価動向を懸念する声も。上値が乏しい現在の状況では投資家心理も減退しやすく、来週も一進一退の展開が予想されます。

関連記事一覧