2020/11/20(金)の相場雑感

20日の市場は日経平均が3日続落。終値は前日比106円安の2万5527円でした。新型コロナの感染拡大と3連休前による手仕舞い売りが優勢となった形です。取引時間中は米株先物の軟調推移につられていたものの、買い遅れ銘柄への押し目買いにて底堅く引けました。

金曜日の米国市場は、追加経済対策の協議再開期待にてダウ平均は3日ぶりに反発しました。英アストラゼネカの新型コロナワクチンがかなりの有効性を示したことも材料視された模様。しかしながら、この日発表された雇用関連指標がふるわず軟調な展開となったことで、もはや勢いだけでは高値圏を維持できない雰囲気となっています。

そして東京市場は、日経平均が3日続落となるも指数トピックスが小幅ながら続伸。全体としての底堅さを実感する1日となりました。日経平均も下値2万5500円付近で反発し、ここで下値を固めると思われます。新型コロナの感染拡大が圧迫要因となっているのは明らかですが、経済を回す必要性も認識されており、双方のトレードオフの相場雰囲気となっています。

関連記事一覧