【9861】吉野家ホールディングス

牛丼の老舗、売上高は国内2位。これまで低価格化や食の安全性にて紆余曲折あるも、収益の柱となる「吉野家」に特化し全国展開。価格の適正化、品質と味、食の安全性確保等の企業努力にてこれまで業績を堅調に推移させてきた。フランチャイズの適正数での出店、そしてメニューの見直しと拡充にてさらなる成長を目指す。運用株としても手堅いポートフォリオ対象として優良銘柄と言える。
期間損益は1,500株にて総利益13,674,000円
平均PF=2.67、平均勝率は64.2%にて推移しています。

関連記事一覧