2020/11/25(水)の相場雑感

25日の市場は日経平均が続伸。終値は前日比131円高の2万6296円で、連日で29年半ぶりの高値を更新しました。前日の米株高と米国の政権移行の安心感より買いが先行。1ドル=104円台半ばまで戻した円安が追い風となり日経平均の上げ幅は一時500円を超えました。一方、東京都が飲食店の営業時間規制を再要請したことで、徐々に上げ幅を縮小し目先の利食い売りの様相となりました。

昨日の米国市場は、バイデン次期大統領への政権移行が進むことが決まりダウ平均は大幅続伸。初の3万ドルを超え、6日ぶりに史上最高値を更新しました。なお、次期財務長官にイエレン前FRB議長が起用されることも市場の安心感を呼んだ模様です。また新型コロナワクチンの治験で相次ぎ高い有効性が示され、来年にも米経済が正常化するとの期待が広がりました。

そして東京市場は、これらの好材料にて日経平均は上昇し、一時2万6700円台を付けました。しかしながら、直近2日間で1000円幅以上の値上がりとなっており警戒感も。東京都のコロナ規制が目先の手じまい売りを誘う形となりました。チャート面では微調整の可能性を示唆しているも、今回の強気相場、押し目買い基調はまだ続くと予想されます。
当トレードシステムにおいても、ここ数日は参戦サイン頻発にて利益速度が加速しています。上げ一辺倒のシンプル相場はもちろん、それ以降の調整局面にてシステムパフォーマンスの本領発揮。低ドローダウンにて手堅い運用が続きます。

関連記事一覧