2020/12/7(月)の相場雑感

週明けの相場は日経平均が続落。終値は前週末比203円安の2万6547円でした。米株高を好感して140円高のスタートでしたが、その後は円高進行と中国株安で勢いが衰えマイナス圏へ。今週末はメジャーSQを控えており、先物買いは慎重な様子。新興銘柄を含め全体的に調整の様相となりました。

前週末の米国市場は、ダウ平均が4日続伸。7日ぶりに史上最高値を更新しました。11月の雇用統計は増加減速でしたが、早期経済対策期待にて相場は上昇。なお、この日は原油先物・長期金利も上昇して全体的なリスクオンが加速しました。S&P500種、ナスダック指数もそろって最高値更新となっています。

そして東京市場は、買い先行のスタートでしたが日経平均が2万7000円に近づいたところで買いが一巡。高値警戒感にて調整の1日となりました。日足チャートでは今月に入ってから2万7000円手前で止まるパターンが続いており、容易に突破できない様相となっています。今週は2万6500~7000円でもみ合う展開になりそうです。
本トレードシステム、ここからの相場でマイナスを計上しなければ堅牢システムと評価できるでしょう。

関連記事一覧