2020/12/10(木)の相場雑感

10日の市場は日経平均が反落。終値は前日比61円安の2万6756円でした。前日の米株安とワクチン副作用問題にて180円近く値を下げるも、その後は押目買いにて落ち着いた動きへ。明日にメジャーSQを控えており、先物の出来高も自重気味となりました。相場は方向感なく推移しています。

昨日の米国市場は、追加経済対策に進展がなくダウ平均は反落しました。政権の90兆円超の経済対策を民主党が一部受け入れず決裂。年内合意に不透明感が広がり利食いが先行しました。また、8日から英国で始まったワクチン接種で一部にアレルギー反応が出たことも買い意欲の後退要因に。米国株は過去最高値圏にあるため、わずかなマイナス要因でも売りが出やすくなっています。

そして東京市場は、日経平均が2万7000円の大台に近づくと伸び悩む展開がここ半月ほど続いています。米国株も史上最高値を更新してから騰勢が落ちており、かつ年末が近づいており大きくポジションを取りにくくなっている様相。さらなる上昇には、ワクチン進展と大型経済対策の継続実施が必要となりそうです。

関連記事一覧