2020/12/25(金)の相場雑感

25日の市場は日経平均が3日ぶりに小反落。終値は前日比11円安の2万6656円でした。東京市場は年末と週末が重なり閑散相場に。東証1部の売買代金は1.2兆円と、およそ1年ぶりの低水準。出来高も今年最低を記録しました。欧米市場はクリスマス休場となり、主力投資家である外国人の売買は一段と細る状態にあります。週明けも膠着相場となりそうです。

週末の米国市場は、英国とEUの通商交渉合意を好感しダウ平均は続伸となりました。新型コロナの感染拡大が後押しし、双方関税ゼロで決着。英国のEU離脱を巡る不透明感が後退し投資家心理が改善した模様です。一方、クリスマス前の時短取引で売買は低調。さらに、米議会の追加経済対策の協議が再び難航し主要3指数は上値も限定的。年内は米国も膠着状態で推移しそうです。

関連記事一覧