2020/12/28(月)の相場雑感

週明けの市場は日経平均が反発。終値は前週末比197円高の2万6854円でした。およそ半月ぶりの年初来高値更新です。同日は材料不足と思われるも、トランプ大統領が米追加経済対策について「法案に署名した」と米紙が相次いで報じ、東京市場ではこれを好感し買いが広がる展開となりました。

一方で、新型コロナ変異種の感染拡大など懸念材料も多く、上値2万7000円に近付くと上昇の勢いは鈍化。これは、本日から外国人の入国規制が始まり「GoToトラベル」も一斉停止となることで、今後の経済活動の一層の停滞が懸念されているためです。ただ、日経平均のチャートは下値が25日移動平均線(2万6640円)にしっかりと支えられており上昇トレンドは持続の様相。上値は2万7000円手前で抑えられているも、その間も下値は切り上がっており来年につながる形となっています。
本トレードシステムは、チャートの形は基本的に気にすることなく運用が可能です。「終値-始値」ベースのボラティリティーが最も重要で、現在も勝率60%オーバー、PF2.0オーバーにて運用パフォーマンスは推移しています。

関連記事一覧