2020/12/30(水)の相場雑感

2020年最後の取引となった30日の市場は、日経平均が3日ぶりに反落。終値は前日比123円安の2万7444円でした。1年を通して新型コロナで実体経済は打撃を受けましたが、東京市場は意外にも日経平均が2万7000円台で大納会を迎えました。依然として国内外の余剰資金は豊富で、株式市場は年明けも堅調に推移する可能性が高いでしょう。春先まではカネあまりとコロナワクチン普及をベースに好需給相場にて推移する見通しです。

年末の米国市場は、追加経済対策としての現金給付期待が後退してダウ平均は4日ぶりに反落しました。民主党が過半数を占める下院はすでに可決していたものの、共和党議員の反対で実現は難しくなった模様。欧米で新型コロナの感染拡大が勢いを増していることも相場の上値を重くしています。しかしながら待機資金は依然として多く、押し目には買いが入るなど下値は限定的。新年度への大相場に期待されます。

関連記事一覧