2021/1/25(月)の相場雑感

週明けの市場は日経平均が反発。終値は前週末比190円高の2万8822円で、1990年8月3日以来の高値となりました。東京市場はここ1週間ほどは着々と下値を切り上げており、日経平均の2万9000円の大台への準備が整いつつあります。新興市場の強さ、日々の値上がり銘柄数の多さ、そして各種指数が上昇している状況から、この大台乗せは時間の問題といえるでしょう。引き続き買い方有利の展開となりそうです。
本トレードシステム、ここ最近の上げ相場では積極買いサインとなり利益急伸となっています。ロジックは新興銘柄との相性がよく、アグレッシブ運用に最適です。

そして前週末の米国市場は、追加経済対策実現の不透明感からダウ平均は続落。なお、バイデン大統領の200兆円規模の経済対策に異議を唱える議員が増えていると伝わっている模様。また決算を発表したIBMとインテルが急落したことも重荷となっています。一方、ハイテク株の多いナスダック指数は4日続伸。依然として続くハイテク人気によって連日の過去最高値を更新しています。

関連記事一覧