2021/2/12(金)の相場雑感

12日の市場は日経平均が5日ぶりに反落。終値は前営業日比42円安の2万9520円でした。東京市場は日経平均が軟調な展開も、それ以外の株価指数は全て値上がりする堅調な1日に。新興市場も買われバランス良く株価水準を高めています。国内では来週にもワクチン接種が始まり、ポストコロナに向けて一歩を踏み出すことになります。これにより、市場の関心は日経平均3万円達成に向くことでしょう。
本トレードシステム、日経の上げとともにボラティリティーが高くなる利益局面をしっかりと利確しています。ここからは、参戦相場と見送り相場を的確に取捨選択できる効率的なサインツールがものを言います。

そして米国市場は、前日に史上最高値を更新した反動からダウ平均は小反落。ここまで急ピッチに上げてきた過熱感から売りが広がった模様です。一時は190ドルほど下落する場面があるも、追加経済対策への期待から下げ幅を大きく縮めました。米政府による2億回分のコロナワクチンの追加調達は、今後の好材料として機能しそうです。

関連記事一覧