2021/2/18(木)の相場雑感

18日は日経平均が続落。終値は前日比56円安の3万236円でした。東京市場は日経平均が一気に3万円台を達成したことの反動で、この日も利食い売りに押される展開。一部市場のみならず、ジャスダックなど新興市場にも買い一巡感が表れています。日経平均は、寄与度の大きいファーストリの値上がり(1社で170円も押し上げ)にて支えられるも、これがなければ3万円を割っていた可能性があります。ここからは足場固めの時間も必要となるでしょう。
本トレードシステム、現在の株高の相場にしっかりの買いサイン。強固なロジックによる利益曲線の立ち上がりが目覚ましく、運用パフォーマンスは急伸となっています。

米国市場は、FRBによる金融緩和長期化よりダウ平均は3日続伸。連日で史上最高値を更新しました。なお、1月下旬の米FOMCの議事要旨より景気敏感株中心に買いが広がりました。一方で、相場の過熱感も意識されS&P500とナスダックは続落。米長期金利が約1年ぶりの高水準にあるため、PERが高めの主力株には利食い傾向となっています。

関連記事一覧