2021/2/22(月)の相場雑感

週明けは日経平均が4日ぶりに反発。終値は前週末比138円高の3万156円でした。東京市場は、コロナ感染者減少やワクチン接種開始がプラスに働き、また時間外取引の米株先物の上昇も追い風となり、日経平均の上げ幅が一時400円を超える場面もありました。ただ、一気に3万円台まで上げた過熱感から上値では短期筋の手じまい売りが続いている模様。ここからは日数をかけて、大台を固める時間が必要のようです。
本トレードシステム、個別銘柄は上昇銘柄とそうでない銘柄がしっかりと別れた1日でした。本ロジックのサイン、それぞれ買いサイン、見送りサインと精度の高さは健在です。ここからの運用は、参戦と見送りの適切な取捨選択がものをいいます。

前週末の米国市場は、追加経済対策の早期成立期待からダウ平均は小反発。ファイザーのワクチンが1回の接種で高い予防効果を得た研究結果も好感された模様です。一方、長期金利が一時1.36%と1年ぶりの高水準に上昇したことが響き、ハイテクなど高PERの主力株を中心に上値の重い展開となりました。

関連記事一覧