2021/3/30(火)の相場雑感

30日の市場は日経平均が小幅ながらも4日続伸。終値は前日比48円高の2万9432円でした。東京市場は、3月決算銘柄の権利配当落日のため日経平均は180円のマイナスを背負ってのスタート。しかしながら、前日の米国株上昇にてに配当落ち分を埋める底堅い展開となりました。米投資会社の損失が野村やクレディスイスなどに数千億円規模で波及してる不透明感はあるも、今のところ影響は限定的となっています。
本トレードシステムにおいては、同日も参戦サインと見送りサインの自動表示が的確。軟調相場ではロスを最小限に留め、上昇相場で一気に利益を確保するロジックが現在も有効に機能しています。

前日の米国市場は、新型コロナワクチンの接種倍増期待にてダウ平均は3日続伸。連日で史上最高値を更新しました。バイデン大統領は会見で、4月19日までに米成人の9割がワクチン接種を受けられるようになると発表。景気の早期回復期待から景気敏感株に買いが入った模様です。一方、米投資会社の損失による大規模な投げ売りにて他の主力指数は下落しています。

関連記事一覧