2021/4/7(水)の相場雑感

7日の市場は日経平均が小反発。終値は前日比34円高の2万9730円でした。東京市場は世界経済の回復期待から買い優勢となるも、国内の新型コロナ感染再拡大が懸念され伸びを欠く展開に。しかしながら、東証1部では8割の銘柄が値上がりしており、印象としては下値が締まった感があります。なお、米投資ファンドが東芝を2兆円超で買収するとの報道を受け、個別株で強く物色されました。
本トレードシステム、値上がり銘柄拡大にてしっかりの買いサイン表示。現在は日経と個別銘柄の連動が薄いものの、本システムのサインは各個別銘柄の相場傾向にベストマッチしており本日も利益続伸の1日となりました。

米国市場は、前日の最高値更新した警戒感よりダウ平均は3日ぶりに反落。長期金利低下など相場環境は落ち着いていたものの、ダウ平均とS&P500種が最高値を取ったため、ひとまずの利食い売りとなりました。一方、米政権が今月19日までに全成人をワクチン接種対象に要請したことで、景気回復期待大にて下値は限定的となっています。

関連記事一覧