2021/4/9(金)の相場雑感

9日の市場は日経平均が反発。終値は前日比59円高の2万9768円でした。東京市場は、前日の米株高を受け序盤は買いが先行し3万円の大台を回復しました。一方で、3万円を超えるといつものパターンで戻り売りの展開に。国内では新型コロナの感染拡大に歯止めがかからず、来週から「まん防」が適用され景気懸念が上値を停滞をさている様相です。
本トレードシステム、同日の売り買いが分かれる相場にて、各銘柄は的確なサイン。ここからは無駄打ちの少ない堅実なサイン精度が求められます。なお、この相場でも資金を目減りさせることなく損益カーブを伸ばせるロジックが真のシステムと言えます。

前日の米国市場は、長期金利低下を受けてダウ平均は続伸。FRB議長の「金融緩和の縮小にはさらなる経済の改善が必要」との発言が金融緩和長期化を連想させ株高が進行、特に高金利に弱いハイテク株に買いが広がりました。米国では、新型コロナの新規感染者数が低下傾向となっており、今後の経済活動の広がりが期待されています。

関連記事一覧