2021/4/15(木)の相場雑感

15日の市場は日経平均が小反発。終値は前日比21円高の2万9642円でした。東京市場は、本日も方向性なく膠着状態が続いています。現在は高値圏なこと、そしてコロナ拡大懸念より買い方も慎重になりやすい様相です。チャート上では下値25日移動平均線(2万9543円)に支えられているものの、出来高が減少傾向が気になります。
本トレードシステムにおいては、インデックス銘柄以外の個別株の運用パフォーマンスが特に良好。日経算出銘柄は膠着傾向も、総じて負けを掴まず陽線日は積極参戦サイン表示と損益カーブは堅調推移となっています。このような相場では、2銘柄以上のポートフォリオ運用が運用益のさらなる安定に有効です。

前日の米国市場は、ダウ平均が3日ぶりに反発。新型コロナワクチンの普及遅延の不安が後退し景気敏感株に買いが広がりました。なお、個別では事前予想を上回る好決算にてゴールドマンが大幅高。ダウ平均の上げ幅は一時230ドルを超えるも、終盤に主力ハイテク株が売られて上げ幅を縮めました。現状では、米国景気は日本景気の遥か先を行く状態が続いています。

関連記事一覧