2021/6/10(木)の相場雑感

10日の市場は日経平均が3日ぶりに反発。終値は前日比97円高の2万8958円でした。東京市場は、日経平均が反発するもトピックスが小幅続落と高安まちまち。東証1部の出来高が初めて10億株の大台に乗ったものの、実需が伴わず全体が上がる雰囲気ではありませんでした。国内で新型コロナの感染者数が落ち着いてきたこと、そしてワクチン接種が進んでいることが安心感を生んでいる様子。なお、現在はやや材料不足にて、当面は持ち合う展開と思われます。

前日の米国市場は、10日に消費者物価指数の発表を控えていることから見送り気分が強まりダウ平均は3日続落。5月7日の史上最高値が上値抵抗線として意識されている模様です。この日は米長期金利が約1カ月ぶりに1.4%台まで低下。株式にとってプラス要因も、消費者物価指数を見極めたいとの雰囲気が強い。この指数は当面の金融政策の方向性を確定させるため致し方ない側面があります。

関連記事一覧