2021/6/14(月)の相場雑感

週明けの市場は日経平均が反発。終値は前週末比213円高の2万9161円でした。米国株が主要3指数揃って上昇した流れで、まずは250円上昇からのスタート。その後は押されて伸び悩むも、2万9000円台を割らずに底堅く推移。あとは外国人の買いが戻ってくれば、全体の水準訂正が加速する好循環が復活する見込み。徐々に明るい状況に戻りつつあります。

前週末の米国市場は、景気回復を買う動きにてダウ平均は小幅続伸。米国では、コロナ下で抑制されていた消費がワクチン接種進展とともに急激な回復を見せており株高ペースです。最近はピッチは緩やかなものの、まだまだ上値余地のある流れとなっています。来週のFOMCを控え金融政策が気になるも、緩和的政策が維持されるとの見通し。同日は薄く広く買われ、S&P500種指数は連日で最高値を更新しています。

関連記事一覧